注文住宅を作ってみて多い失敗

注文住宅で家を建ててみると、後になって「失敗した!」と気がつく事が多いようです。

例えば、注文住宅の悩みで最も多いのは収納に関する問題です。特に衣類や小物など、モノが多い家庭の場合、後になって収納スペースが足りずに困ってしまう…という事がよくあります。

このような失敗が起こらないように、モノの多さとボリュームを考え、必要な収納スペースは十分に確保するようにしましょう。多少収納する場所が大きすぎても、特に困る事は無い筈です。反対に、収納スペースが小さいと後になって不満を抱える事になります…。

次に多いのは、間取りの(スペース)配分です。必要な部屋の広さが十分でなかったり、反対に使わない部屋のスペースが広いと、不便で使いにくい…といった不満を感じる事になります。

その他にも、必要な場所の騒音対策が万全でなかったり、配線の位置が不便で、電化製品が使いにくいという問題も、注文住宅では、非常に多く見られる失敗例です。

注文住宅を建てる前には必ず図面を見て、家具の配置を考えておきましょう。そして、家電や家具に合わせて必要な数のコンセントがあるかどうか、普段の動線を考えて、しっかりと配線計画を立てるようにしましょう。

また、以外と多いのが、ウッカリ外から丸見えの構造だったというパターンです。図面では分かりにくい事なのですが、外から見えやすく視線が気になるという問題はぜひとも避けたいものです。

隣家とのドアが向かい合わせにならないかどうか、リビングなど大半を過ごす場所が、外から丸見えにならないかどうか、十分に下調べを行ってから設計するようにしましょう。

もちろん風呂場やプライベートなスペースにも、外からの目線を配慮して、しっかりと設計をするべきです。

また、以外と目立つドア周りの視線にも注意してプランを立てましょう。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

どんな事に気をつけて間取りを決めるべき?

2014.3.13

どんな事に気をつけて間取りを決めるべき?

注文住宅は、それぞれの家族の希望をしっかり反映させる事が出来ます。この為、間取りには十分注意して設計・建築を行うべきです。後になって、間取り…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る