登記費用について

登記費用について

住宅を購入したら、不動産登記を行う必要があります。これは登記簿に購入者の住所や氏名を登録・記載する手続きを言い、所有する不動産が「自分のものだ」という事を証明するものを指します。

一戸建てに必要な登記には、建物の所有権保存登記や土地の所有権転移登記、その他にも、建物の所有権転移登記、抵当権設定登記などが存在します。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

どんな事に気をつけて間取りを決めるべき?

2014.3.13

どんな事に気をつけて間取りを決めるべき?

注文住宅は、それぞれの家族の希望をしっかり反映させる事が出来ます。この為、間取りには十分注意して設計・建築を行うべきです。後になって、間取り…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る