注文住宅の工事時期

注文住宅はその設計から建築まで大体1年はかかりますし、工事請負にこぎつけるまでには半年以上かかるのが普通です。2~3年かかることも珍しくはありません。
建築条件付はそこまで時間的余裕はありませんので、どうしても注文住宅に匹敵するほどの自由度は出せないのが普通です。
最近建築条件付でも請負契約までの期間を3か月以上にできるようになったので、その期間を半年~1年以内までにできれば、事実上注文住宅と違いがない位には出来ますが。
もし少しでも希望を盛り込んだ家にしたいということですが、そのハウスメーカで幾ら位であれば希望のかなう家が作れるかどうかですね。そこが一番問題となります。
始めに見せてもらう見積もりはあくまでそういう希望が一切入っていないものですし、また出来るだけ普通は安く構成していますから、希望を言い始めるとどんどん高くなるのが普通です。
まずはご予算的に現状でぎりぎりというのであれば、建売に限りなく近い家しか立たないと思ってください。違いがあるとすれば、住宅の質は建売よりはよくなるという程度でしょう。(安い建売の質は本当に悪いです)
それに対して果たして建売よりも大きなお金を掛ける価値があるのか?ですね。
もしまだ予算的に加算されても大丈夫、ということであれば、可能性はかなり広がり、基本プラン である程度希望が含まれた家に出来るでしょうね。大体30坪程度の家でもハウスメーカであれば総費用は2000万を下回ることは無いはずです。高いところだと30坪でも2500万以上したりします。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

どんな事に気をつけて間取りを決めるべき?

2014.3.13

どんな事に気をつけて間取りを決めるべき?

注文住宅は、それぞれの家族の希望をしっかり反映させる事が出来ます。この為、間取りには十分注意して設計・建築を行うべきです。後になって、間取り…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る