注文住宅と分譲住宅の違い

注文住宅と分譲住宅の違い
CMや不動産広告で目にする「注文住宅」とは、 一体、どのような住宅や建物を指すのでしょうか?注文住宅の他にも「分譲住宅」という言葉も頻繁に見かけます。

あなたは、注文住宅と分譲住宅、それぞれの違いをご存知でしょうか?家の購入は、一生の内でも大きな買い物と言えます。しっかり二つの違いを知って、心から納得の出来る購入が出来るようにしましょう。

まず、注文住宅とは、施主の希望に合わせて建物の間取りやデザイン、設備等を自由に選べる住宅を意味します。それに対して、分譲住宅とは、建物の間取りやデザイン、設備等の仕様が決まった住宅を意味します。

つまり、分譲住宅では既に建築が終わった建物を土地とセットで購入する事になります。この為、分譲住宅は別名「建て売り住宅」と呼ばれて販売されているのです。

自分の趣味や、ライフスタイルを住まいに100%反映させたいのであれば、やはり、注文住宅の購入がオススメです。必要な部分にだけ費用を掛けて、使わない部分は費用を節約出来ます。効率良く、希望通りの住居が手に入りやすいでしょう。

その代わりに、注文住宅の場合は明白なイメージを業者に伝える必要があります。家が建った後で「イメージしていたものと違う…」という様な事が無いようにしましょう。ただ、分譲住宅の場合は既に完成したものを購入するので、完成後の様子を十分にチェックした上で購入出来るという、大きなメリットも存在します。その上、分譲住宅の場合は、価格が割り引かれている事があります。場所や時期によっては、掘り出し物の物件に出会えるチャンスも存在するのです。

【住宅関連の耳より情報】

大阪の注文住宅
関西地区の輸入住宅、住宅設計、理想のご自宅に!

おすすめ記事

ページ上部へ戻る