間取りやデザインを自由に決めることができる注文住宅

“住宅には、建売住宅と注文住宅とがあります。
建売住宅とは、既に建築された状態で販売されている住宅のことです。場所はもちろん間取りもデザインも全て決まっています。
それに対して注文住宅とは、基本的にオーナーが全てを決めることができる住宅です。建てる場所や間取りやデザインをはじめ、使用する建築材や設備のメーカーまで、あらゆることを建築会社に注文して、その通りに作ってもらうことができます。
もちろん希望の全てがかなうわけではありません。建築法で禁止されていることは実現が不可能ですし、コストの面で不可能になるという場合もあります。ですから注文住宅は、オーナーと建築会社とが意見を出し合いながら、設計していくことになります。
注文住宅は、建売住宅と異なり個々のライフスタイルに合った住宅にすることが可能です。そのため暮らしやすく愛着もわきやすく、またデザインにこだわれば他にはない独創的な住宅になります。それらの理由から、注文住宅には高い人気があります。”

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

2015.2.17

理想のマイホームを手に入れよう!注文住宅のメリット

夢のマイホームは、建売住宅ですか?注文住宅ですか? 家を購入するのは、一生に1~2回しかありませんよね。 思い切って、注文住宅で理想…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る