注文住宅体験談

今大人気の注文住宅ですが、実際に建てたわたしの体験を元に、
少しご紹介させていただきます。


後悔しない家造り、満足できる家造り♪
夢とお金のバランスのとり方ってなかなかむずかしいですよね!

経験者にしかわからないとっておきの情報、お教えします!


「最高の家」を建てるために、

まずは業者の選び方!


【業者の選び方のポイント】

メリットから選ぶ基準をまず4つ。


① 工法

一番大事なポイントです。
自分のもとめる家は、どのメーカーでなら出来るか? どこはできないか?

私たちはリビングの採光にこだわったのでこれを最重要視しました。


② 費用

業者によって同じ注文住宅でも3倍以上違ってきました!


③ 構造

基礎や耐震性、耐火性の事です。

地震の多い・雪が降るなど地域によって異なります。欠陥住宅になってしまわないよう、気を配りたいポイントです。

③ デザイン性

わたしはデザインを少し妥協しましたが、近年一番こだわる人が多いポイントでもあります。

【デメリットからの選ぶ】
(いわゆる消去法です)

① 説明が下手。知識が乏しい

② 情報を出さない。デメリットを話さない。

④ 他社をけなす発言をする。

⑤ 契約を急がせる

こんなところは避けたほうがベターです。
(本当にたくさんの業者があるので、気になったらすぐ身を引いて効率よく進めましょう)
業者の候補は一括見積もりサイトを使うと便利です。



次にご紹介したいのは費用の問題!
「注文住宅を建てるために必ずはじめにぶちあたるのがこれ。


注文住宅は、建売に比べて非常に高価です。

単純比較で2~3倍、こだわってオーダーメイドで建てるんですから高いのは必然ですね。

先にあげたように工法やこだわりどころによっては、「このメーカーでしか建てれない」などの問題が鍵になりますが、まずは必ず複数の業者で見積もりを立てましょう。


こちらの要望を伝え、間取りを組み立ててもらい
設計図を見ながら、自分の要望などを加えていき、最終設計図を出させる流れです。

そして費用を算出してもらいます。


これを複数社で行って比較します。


注文住宅の場合はハウスメーカー独自の設計や建築方法を案内してくるケースが多く、
業者の個性も知ることができ

何よりも「自分の求める家の平均費用」をまず知りましょう。




私の場合、ある程度要望が決まった時点から計10社ほど依頼しました。



家を建てるには、家具選び、電灯選び、エクステリア工事、引越し業者等、見積もり比較は多数必要になってきます、多少面倒でも、夢を手に入れるため、絶対実践してくださいね♪



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

注文住宅の印紙税

2014.3.13

注文住宅の印紙税、仲介手数料、登記費用など

土地の契約を行う際には「売買契約書」と「工事請負契約書」を作成します。この書類に印紙を貼る必要があるのですが、それぞれ、契約書に記載される金…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る