注文住宅のなメリット、デメリット

家を買う、ということは人生の中でも非常に大きなイベントです。
どうせ買うなら満足度の高い家を手に入れたいです。
注文住宅は、時間がかかってもこだわりをしっかり反映させた家を建てたいという人には最適な方法です。
注文住宅の特徴をまとめてみます。

メリット
・ゼロから計画していくので、外観や内観のデザイン、また設備など幅広い範囲に意志を反映させられる。
・間取りやデザインにこだわり、理想に近い家を建てることができる。
・よく考えて設計してもらえば、将来的に増改築をしやすい。
・自分の判断で、ローコストに抑えることもグレードを上げることも選択できるのがメリットとなる。

デメリット
・自由な部分が多いため、打ち合わせや工事など、入居までの期間が必要。
・幅広い価格帯・種類の中から設備や材料を選択することができる。しかし、こだわり過ぎてしまうと、予算をオーバーしてしまい。後で後悔することになる可能性も。
・土地探しから始める場合は、土地の購入と注文住宅の建築の2工程になるため、その都度、異なる相手と契約を結んだり、費用を支払ったりと工程が複雑で時間も多くかかる。
・図面やサンプルなどで設計を決めていくので、一般の人には仕上がりイメージがつきにくく、建ってからイメージと違うといったことも起こりうる。

以上、注文住宅のメリット、デメリットでした。
とにかくどんな家にしたいかイメージを固めるのが重要だと思います。
いま検討してる方の参考になれば幸いです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

2014.5.13

注文住宅のちょっとした後悔

私は注文住宅の家をたてたのですが、思ったよりも音が響くということを1番後悔しています。 注文住宅は結局たてるまではどのようになるのかわ…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る