注文住宅のちょっとした後悔

私は注文住宅の家をたてたのですが、思ったよりも音が響くということを1番後悔しています。

注文住宅は結局たてるまではどのようになるのかわからないという点が1番不便で、思ったような具合にならないと結局その後悔を一生抱えることになります。

注文住宅のうちの後悔で1番多いのは外観にばっかりこだわりすぎてしまって、中身がともなっていないということだそうです。

こればかりは素人の人間にはまったくわからないことなのですが、いざ注文住宅の家に入ってみて、非常に使いづらかったりした場合にだからといってその家を取り壊し、新しい家をたてるわけにもいきません。

そういった部分では注文住宅の家をたてる際には本当に信用のおけるデザイナーなどに出会うしかありません。

そのためには事前の調査やヒアリングが必須となってきます。

できることならば注文住宅をお願いする時には何人ものデザイナーとあって相談をし、本当に理想の家がたてられるのか、その家をたてた際には不便はないのかなどを専門家のアドバイスとして聞くのがよいでしょう。

多くのパターンがやはり普通の家に住んでおけばよかったとなっているような状況ですので、こうしたトラブルをさけるためには事前の準備や調査が必要なのです。

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

どんな事に気をつけて間取りを決めるべき?

2014.3.13

どんな事に気をつけて間取りを決めるべき?

注文住宅は、それぞれの家族の希望をしっかり反映させる事が出来ます。この為、間取りには十分注意して設計・建築を行うべきです。後になって、間取り…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る