意外と安いトイレのリフォーム

トイレのリフォームを検討している方は、トイレリフォームの費用の相場を知る必要があります。

リフォーム業者によって費用はバラバラのため、安く抑えたいという方は、相場よりも高いところは避けたほうが良いでしょう。
まずは、便座のみの交換や手すりを設置するなどの簡単な工事の場合は3万円~10万円程が相場となっています。

ウォシュレットを交換する場合は3万円~5万円、トイレの換気扇を交換する場合は2万円~5万円となっています。

床や壁、天井などを全て張り替える場合は材料費と合わせて5万円以下で行うことができます。便器自体を交換する工事の場合は20万円~50万円程になります。

トイレリフォームをされる方は大体便器自体を交換される方が多いです。
便器のグレードもいくつか種類があり、主に三つのグレードに分けることができます。

 

グレードの種類としては、シンプルタイプ、スタンダードタイプ、高性能タイプがあります。

シンプルタイプですと、価格が5万円~10万円となり、ウォシュレットなどの付属がない便器となります。

スタンダードはウォシュレットや便座暖房などがついている一般的なものとなっています。

 

スタンダードの価格としては、10万円~20万円ほどとなります。リフォームの要望として最も多い便器となっています。

次に高性能タイプとなり、価格は20万円~30万円ほどになります。

便器のフタが自動で開いたり、全自動洗浄、省エネ機能、除菌機能などがついています。

トイレの設置工事の費用としては、2万円~3万円となります。新たにウォシュレットや自動開閉などをつける場合は、

コンセントの工事をする場合もあるため、電気工事費用の1万円~3万円ほどプラスして予算を見ておいたほうが良いでしょう。

トイレリフォームの注意点としては、便器のサイズに気を付けるということです。大き目のサイズの便器を購入してしまうと、

トイレの空間が狭くなってしまい、リフォームをしたのに不便になってしまうということもあり得ます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

2015.2.17

理想のマイホームを手に入れよう!注文住宅のメリット

夢のマイホームは、建売住宅ですか?注文住宅ですか? 家を購入するのは、一生に1~2回しかありませんよね。 思い切って、注文住宅で理想…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る