住宅リフォーム助成制度

住宅リフォームをお考えの方に朗報です。「住宅リフォーム助成制度」という制度があることをご存知でしょうか?

これは、地方自治体が行っている支援で、その地域の住民がリフォームを行った場合に、その経費の一部を負担してくれるというものです。それによって、リフォームに乗り出す人も増え、中小零細事業者の援助もできるという主旨があるようです。

ただ、どんなリフォームでも使えると言う訳ではなく、自治体によってですが、助成基準が定められています。例えば、自治体内の施工者の工事の利用や、10万円以上の工事であること、耐震診断で危険と診断されていること、地域材を使用といったものがあるようです。

また、住宅建物自体のリフォームだけが対象ではありません。例えば、住宅用太陽光発電設備導入促進事業として、はやりの太陽光パネルの設置をすることで補助が出ます。高齢者・障害者住宅改造助成事業として、バリアフリー化のスロープ設置や段差解消などにも適用していますので、お店をしている方やこれを期にリフォームに踏み出す事も出来そうですね。

実際、この制度を利用してなんらかのリフォームをした方は増えており、その経済効果もかなり上がって来ているようです。市町村によっては、投入した補助金の30倍近くの丘家が動いたという例もあるそうです。

事業者も、そしてリフォームする人もウインウインで喜べるそんな制度を利用すれば、住宅リフォームも負担が出来る限り少なく、自分たちの住宅を生まれ変わらせることができそうですね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

注文住宅で必要な経費って?

2014.3.13

注文住宅で必要な経費って?

注文住宅を建てる場合、必要なお金の内訳について考えてみましょう。 まず、物件の価格は土地の値段と建物の価格を合わせたものになります。こ…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る